>

将来はプロデューサーになりたい

デザイナー検定を受けよう

Webデザイナーとして、経験を積むのが良い方法です。
資格を持っていれば、お客さんは安心して仕事を依頼してくれます。
ですから順調に仕事を重ねることができるでしょう。
資格をアピールすることは、お客さんを安心させることに繋がります。
Webデザイナーであると、積極的に伝えてください。
仕事内容は、Webを作ることだけではありません。

お客さんとよく話し合って、デザインも決めます、
話し合いを進めることで、お客さんがどのようなWebを求めているのか分かります。
何も話を聞かないで制作を進めると、お客さんのイメージとは全く異なるWebが完成してしまいます。
また作り直しになったり、信頼感を失うので話し合いの時間を十分に確保しましょう。

リーダーになるために必要

まだ経験がないのに、プロデューサーの試験を受けるのは控えてください。
デザイナー検定よりも難しいので、経験を持っていないと不合格になってしまいます。
プロデューサー検定では、部下に指示を出すための知識を勉強します。
現状を把握したり、お客さんが求めているものを判断したりと、リーダーに欠かせないスキルになります。
長年デザイナーとしての経験を積んだ後なら、自然に理解できると思います。

Web業界で働く時は、資格が必要だと言われます。
しかし焦って試験を受けても、良い結果にはなりません。
資格を得る順番があるので、焦らないで地道に勉強や経験を積み重ねてください。
プロヂューサー検定は、仕事をしながらでも受けられます。


この記事をシェアする